九谷焼の有名な五彩色絵の磁器とは違う、器本来の美しい形にも目が届くよう無地にした「KATA KUTANI / 型九谷」。

窯元の型から生まれた隅切角、ツバ形、八角モッコ、菊、桔梗、稜花などの昔ながらの形を、絵を入れない釉に細かいひびの入った「貫入」だけにすることで豊かな表情と落ち着いた雰囲気のあるラインに仕上げています。
形を楽しめ、盛り付ける料理が映える普段使いの九谷の器をお楽しみください。